【第三弾】ソロキャンに必要な道具と選び方

第三弾!

今回は【アパレル編】ということで、キャンプの服装選びに注意するポイントやオススメのアパレルブランドいついてご紹介したいと思います。適切な服装を知ってキャンプをより楽しく過ごせるようにしましょう!

 

服装選びで注意する3つのポイント

 

①キャンプは体力勝負!動きやすい服装が基本

到着後すぐにキャンプの設営や周辺の散策、そのほかにも料理を作ったりとキャンプは慣れるまでは体力勝負です。そこで基本ではありますが、第一に「動きやすい」ことが大切です!

 

②山の天気は変わりやすい!防寒グッズも忘れないで

山の天気変わりやすく、朝は晴れていても昼には大雨なんてことも…。山キャンプだと寒暖差は10度以上ということもあるので防寒グッズは必須です。

【日本山岳会】公式サイト

 

③アウターはデザインだけでなく素材にも注意!燃えにくい素材がベスト

実は化繊のアウターは火の粉に弱く穴だらけになってしまうんです。お気に入りのアウターが気付けば穴だらけなんて避けたいですよね。火の粉に強い素材といえば、まずはコットンやウールなどの天然素材と呼ばれるものです。火の粉が飛んできてもすぐには燃えないため、さっとすぐに払えば大丈夫!

 

【優秀素材】焚き火ウェアと呼ばれる難燃素材のアウターを要チェック!

 

NANGA(ナンガ)公式サイト
【Amazon】公式サイト

 

筆者のイチオシはNANGA(ナンガ)のダウンジャケット!難燃素材であるタキビ生地を使用したジャケットは防寒性も抜群、超撥水加工も施されているためアウトドアにはぴったりなんです。お値段は少々お高めですが、一生ものになること間違いなしのアウターです。

 

オススメのアウトドアブランド5選

1.THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

2.Patagonia(パタゴニア)

3.KZM(カズミ)

4.Coleman(コールマン)

5.Snow Peak(スノーピーク)

 

1.タウンユースにもばっちり!コラボ商品に注目のザノースフェイスフェイス

 

 

機能はもちろん、タウンユースにもぴったりなおしゃれなビジュアルは世代を問わずに愛され続ける一つの理由です。最近ではアパレルブランドとのコラボ商品がよく発売されるなど20〜30代の特に若い世代から厚い指示を集めています。

 

2.環境問題にも積極的に取り組むパタゴニア、豊富なライナップから自分に合った物を選ぼう


https://amzn.to/3jkDbXg

 

環境問題を取り上げるだけでなく選挙投票を呼びかけるなど私たちの地球のために何が出来るかを常に考え、そして考えさせてくれるパタゴニア。世界中のキャンパーに愛される秘密は機能性の高いプロダクトだけではなく、ブランドの掲げるミッション性にあるのかもしれません。

 

3.ソロキャンパー向けの韓国ブランド「カズミ」、思わず写真が撮りたくなるお洒落でハイスペックなギアが勢揃い!

https://amzn.to/3aY3PRa

 

ソロキャンパー向けのブランドであるカズミはソロキャンパーに特化したテントやギアが勢揃いしています。高い機能性が備わっているだけではなく、思わず写真を撮りたくなるような魅力的なビジュアルにも注目です!

4.キャンプイベントやキャンプフィールドが充実!キャンプ初心者でも楽しめる丁寧でやさしいギアが豊富なコールマン


https://amzn.to/3G3iXuW
https://amzn.to/3joIMvU

 

グッドキャンパーの心得や焚き火検定など様々なエンタメでアウトドアの楽しさを伝え続けているコールマン!HIPHOPアーティストやアパレルブランドとコラボするなど、常に新しい取り組みにチャレンジし続けています。

 

5.キャンパーの憧れ「スノーピーク」は職人の技が細部にまで宿る洗練されたギアが美しくて堪らない!

https://amzn.to/3Ga1fpu

 

「衣食住働遊」をテーマに掲げるスノーピークは本気で遊ぶ大人のためのブランド。2021年に焚き火台が受賞したロングライフデザイン賞をはじめとして、9点がグッドデザイン賞を受賞するなど洗練されたギアが特徴です!

 

以上、今回はキャンプ時の服装とその注意点、オススメのアウトドアブランドについてご紹介しました。次回は話題のメスティンレシピをご紹介します。お楽しみに!

mahonihei
by mahonihei

ソロキャンデビューを夢みるフリーライター仁平です。キャンプサイト、グルメサイト、旅行サイトで執筆しています。趣味はジム、特技は誰よりも美味しそうに生ビールを飲むことです。